(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 幹線道路を夜間通行止めにし、狭い路地から運んできた橋桁を大型クレーンで一括架設する――。大阪圏の自動車交通をさばく阪神高速道路で、“ミッシングリンク”の解消に向けた工事が山場を迎えている。1号環状線と16号大阪港線が交差する要衝、西船場ジャンクション(JCT)の改築事業だ。
(関連記事:供用したままアル骨橋脚を再構築

 環状線は時計回りの一方通行となっており、東西に走る大阪港線は環状線の「9時」の位置にある西船場JCTで交差する。ただし、大阪港線を西から東に向かって進んできた車が同JCTで環状線に直接入ることはできない構造となっていた。近隣のビルが干渉して、渡り線の橋桁を架けられなかったからだ。

(資料:阪神高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪港線を西から来た車が環状線を使って北に行こうとする場合、従来は以下の2つの方法しかなかった。1つは、大阪港線の出口でいったん降りて、環状線の入り口から再び入り直す方法。もう1つは、西船場JCTを東に真っすぐ進んで環状線の「3時」の位置にある東船場JCTで環状線に入り、環状線を時計回りに5.5km半周した後、西船場JCTを通過して北に向かう方法だ。所要時間が延びたり、道路が混雑したりといった弊害を招いていた。

 近隣のビルが公開空地を確保して建て替えられたことで、阪神高速道路会社は2011年度に西船場JCTの改築工事を本格化した。大阪港線東行きから環状線北行きへの渡り線(信濃橋渡り線)を新設するとともに、大阪港線と環状線をそれぞれ拡幅して、分岐や合流がスムーズにできるようにする。さらに、環状線に入る既設の信濃橋入り口が新設する渡り線の支障となるため撤去し、西側にずらした位置に再構築する。

(資料:阪神高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]
  • 大阪港線の拡幅:延長約800m、拡幅幅員2.75m(2018年5月に完成して先行開放)
  • 信濃橋渡り線の新設:延長約180m、総幅員8m
  • 信濃橋入り口の改築:延長約260m、総幅員5.75m
  • 環状線の拡幅:延長約710m、拡幅幅員3.25m

 一連の工事は2019年度の完成を目指す。2019年5月には、交通量の多い一般道を夜間通行止めにした最後の大規模な架設工事が実施された。現場付近で地組みした長さ37m、重さ49tの橋桁を多軸台車で運搬し、550t吊りの大型クレーンで一括架設するというものだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら