愛知県常滑市の中部国際空港島で、愛知県国際展示場が2019年8月30日に開業する。国内初となる国際空港直結型の常設展示場だ。愛称は「Aichi Sky Expo(アイチ・スカイ・エキスポ)」。総展示面積は6万m2で、国内の展示場では東京ビッグサイト、幕張メッセ、インテックス大阪に次ぐ国内4位の広さとなる。

Aichi Sky Expoの外観(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 同展示場は、愛知県が約350億円をかけて整備した。設計・施工は竹中工務店、工事監理は日本設計が担当した。運営にはコンセッション(運営権売却)方式を導入。イベント事業の世界大手、フランスGLイベンツと前田建設工業でつくる特別目的会社「愛知国際会議展示場」(名古屋市)が担う。県は15年間の運営権を8億8200万円(税抜き)で売却した。

連結利用で5万m2のホールに

 展示場の敷地面積は約28万7000m2。2階建てで、展示面積各1万m2を有する6つのホールなどから成る。

屋内モールに掲げられたサイン。建物は6つの展示ホールなどから成る(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 多目的利用を想定した展示ホール「A」は、天井高20mの無柱空間で、多様なレイアウトが可能だ。防音設備も備え、コンサートなどを開催できる。

展示ホールA。天井高20mの無柱空間だ。コンサート、ショー、ライブイベントに対応する。シアタースタイルでは約6500人の収容が可能だ。主催者事務室、商談室、主催者用倉庫などが付属している(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 展示ホール「B」から「F」までの5つのホールは天井高14m。横一列に並ぶホールは、区画するシャッターを上げると一体化できる。5つのホールを連結すれば、国内最大級となる5万m2を確保することが可能だ。大規模イベントや見本市の開催を見込む。

展示ホールC。展示ホールB~Fは、ホール間にシャッター開口が6カ所ずつあり、シャッターを上げることで最大5万m2の一体利用が可能になる。5つのホールそれぞれに、主催者事務室、商談室、主催者用倉庫などが付属している(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら