米アップル(Apple)の「iPhone」が他社のAndroidスマートフォンより速い。これは単なるイメージではない。ベンチマークテストの集計サイトでiPhone/iPadが上位を独占することは珍しくない。2019年1月時点で、iPhoneの性能が同世代のAndroidスマートフォンより高いのは歴然とした事実だ。

 例えばモバイルOS向けのベンチマークソフトで有名な「Antutu Benchmark」のスコアは、2018年12月時点におけるバージョン7でiPhoneのトップが「iPhone XS」の35万5856なのに対し、Androidスマートフォンのトップは「HUAWEI Mate 20」の30万6608である。

ベンチマークソフト「Antutu Benchmark」のiOS版の集計
2018年12月時点のランキング。iPhoneのトップは35万超。iPad Proでは56万に達している。URLはhttp://www.antutu.com/en/ranking/ios1.htm
[画像のクリックで拡大表示]
ベンチマークソフト「Antutu Benchmark」のAndroid版の集計
2018年12月時点のランキング。トップの「HUAWEI Mate 20」でもスコアは30万ほど。URLはhttp://www.antutu.com/en/ranking/rank1.htm
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneが頭一つ抜きんでる理由は、独自開発のCPUやGPUに代表される、垂直統合型のハードウエアの優位性にある。アップルはどのような手法で、ライバルに先んじる性能を実現しているのか。まずは速さの源泉となるキーデバイスの筆頭、独自開発のプロセッサーから見ていこう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら