崩壊の顛末(てんまつ)

 経験豊富なベテラン作業者の働きによって生産を維持している工場がある。これをN工場と呼ぼう。N工場では、長年の勘・コツ・経験がものをいう「職人技」が求められる作業が多く、経験豊富なベテラン作業者たちが生産活動を支えていた。

 その一方でN工場は、作業のやり方をベテラン作業者に任せていた。いや、正確にはベテラン作業者が自分の作業に口出しされることに強い拒否感を示すため、そうするしかなかったのだ。そのため、作業の手順や作業のポイント、コツなどの重要な内容を他の人がほとんど把握していない状態だった。それでも生産が維持できていたため、目立った問題は起きていなかった。ところが、工場長の交代をきっかけに問題が表面化した。

(作成:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 それまでの工場長は、暗黙の了解であるかのように「ベテラン作業者の作業には口を挟まない」ようにしていた。だが、新任工場長のA氏は、これでは工場改革が進まないと考え、あえて“タブー”に切り込んだ。

 工場長のA氏は赴任直後、現場の状況を把握するためにベテラン作業者たちの作業をつぶさに観察した。その結果、多くの改善すべき問題が見つかった。複数のベテラン作業者の作業を見てみると、それぞれに工夫を凝らした行動をしており、「改善意識」があることは間違いなかった。しかし、作業方法を見ると、まだまだ効率化の余地がたくさんあった。また、品質を確保するために必要な動作が抜け落ちている部分もあり、このまま見逃すわけにはいかないと工場長のA氏は判断した。

 そこで、工場長のA氏はベテラン作業者を集め、それまでベテラン作業者が独自に行ってきた地道な改善活動を大きく評価した上で、QCD(品質、コスト、納期)をもっと向上させるために、工場で改善活動を大きく推進しようと持ち掛けてみた。だが、作業者たちの反応は冷淡なものだった。「これまで自分なりに改善を進めてきたので、生産性は今が最も良くなっています」といった「やり尽くした」という意見や、「今のままで何が悪いのか? クレームなどの問題があれば改善するが、問題も起きていないのに、今のやり方を変える必要があるのか」といった「改善の必要なし」という意見が噴出し、取りつく島がなかった。結果、N工場は生産改革が一向に進まず、競争力が徐々に落ちていった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら