連載主旨
かつて無敵の強さを誇り、世界一とも称された日本企業の工場の現場(ゲンバ)力。ところが今、その力に陰りが見えるゲンバが増えつつある。品質やコスト、納期を守れず「ものづくりの崩壊」に陥ったゲンバの数々…。背景には基礎力の低下、すなわち「ものづくり1.0」の弱体化があると指摘するのが、ものづくりの現場に詳しい経営コンサルタントで「工場力強化の達人」と呼ばれる古谷賢一氏だ。同氏が、鋭い眼でものづくりの崩壊に至ったゲンバの原因を分析し、似た問題を抱えるゲンバへの処方箋を提示する。

古谷 賢一(ふるたに けんいち)
ジェムコ日本経営、本部長コンサルタント、MBA(経営学修士)
古谷 賢一(ふるたに けんいち) 「工場力強化の達人」の異名を持つ、ものづくりの現場に詳しい経営コンサルタント。大手鉄鋼メーカーの多角化事業部門にて、主に電子回路モジュールおよびコンピュータなど情報機器の開発製造事業に従事。開発・設計・製造・生産技術・品質保証・品質管理等の業務に従事し、本社より分社した当該事業会社の品質保証責任者、生産技術部門長および海外生産子会社の品質管理責任者を歴任。生産子会社・協力工場や、部材ベンダー・取引先へのものづくり指導、生産技術指導、品質指導を、国内外問わず多く手掛ける。
 その後、ジェムコ日本経営に入社。経営管理、人材育成から、品質改善支援、ものづくり革新支援など幅広い分野に従事し、海外での支援実績も多い。「地に足がついた活動」をモットーに、現場に密着した、きめ細かい実践指導は顧客から高い評価を得ている。2014年日経ものづくり誌連載の『儲かる工場にするための現場力再入門〜経営直結力』の著者、ものづくり経営やものづくりの基本に関するセミナーや、雑誌への関連記事の寄稿も多数。