地震や豪雨といった自然災害が頻発している。地震と豪雨が同時に来襲するケースも出てきた。自然災害が狙うのは、軟弱な盛り土や既存不適格な擁壁といった危険な宅地にほかならない。災害リスクに目をつぶって宅地販売や住宅建築を手掛ければ、その責任は重い。北海道胆振東部地震など近年の災害が引き起こした宅地のトラブルを振り返り、今求められる地盤対策を探った。

[画像のクリックで拡大表示]

[目次(カッコ内は掲載予定日)]

※掲載予定記事のタイトル、内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。

出典:日経ホームビルダー、2019年1月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。