自治体のデジタル化はどこまで進んでおり、何が課題なのか。都道府県CIOフォーラムが第16回年次総会を2018年8月21~22日、富山市で開催した。初日は、セキュリティ強じん化後の働き方改革とテレワーク・モバイルワークの推進方法や課題を議論。2日目午前は都道府県に策定が義務付けられた官民データ活用推進計画の策定方法と重点施策について、午後は都道府県システムを将来的に共同化・クラウド化する可能性について意見を交換した。

 2日目午後は、都道府県システムの共同化・クラウド化の将来のイメージについて意見を交換した。

 事前アンケートでは、自治体情報セキュリティクラウドは、市町村との共同化が大半で、単独整備が1団体、2県で共同化したのが岡山県と鳥取県だった。庶務・人事・給与、財務など内部業務系は、全都道府県が単独で構築。LGWAN-ASPの利用が多かったのは、電子申請(24団体)と電子入札(15団体)だった。

 一方、目指すべき姿では、個人番号利用事務、法定受託事務、法令に基づく自治事務では、半数程度の団体が「全国規模で共同化すべき」と答えた。ただし個人番号利用事務については、10団体は自治体ごとの整備を選んだ。現状で全団体が単独整備の内部事務系でも、3割強は共同化・クラウド化を指向。Web会議・テレビ会議は、団体ごとのSaaS利用が15団体と最多だった。

次のセキュリティクラウドは?

 このアンケート結果を踏まえ、LGWAN-ASPに向くシステム、向かないシステムについて議論した。神奈川県の市原氏は、「セキュリティクラウドは、今回はほとんどの都道府県が個別に構築したが、全国で一つにできないかと当初から提案している。LGWANは自治体が負担金を支払って運営しているので、第四次LGWANの整備計画で検討課題になるかを知りたい」と尋ねた。

 J-LISの伊駒氏は、「セキュリティクラウドをLGWAN上、またはLGWAN-ASPとして、全国で利用できる形で提供することに関して、神奈川県の提案は意識している。現状で具体的に取り組んでいることはないが、10団体程度から要望がある。今後検討したい」と答えた。

 関連して総務省の三木氏は、「地域情報政策室で検討している段階。2018年度の調査事業でいくつかのモデルの長所・短所を検討したい。来年度にどのモデルにするかを本格検討する。性急なスケジュールだが、次回の2022年度の更新に間に合わせる」と、状況を報告した。

 三木氏は続いて、ソフトウエアライセンス認証やウイルス対策ソフト更新をLGWAN-ASPとして提供する「自治体情報セキュリティ向上プラットフォーム」の予定も紹介した。「総務省が国費で作ったソフトをJ-LISに移管する省内手続きが最終段階。10月からJ-LISで事業を開始できるだろう。修正パッチの配信対象ソフトは、Windows Update、Microsoft Office、ウイルス対策ソフト(トレンドマイクロ、マカフィー、シマンテック、ソフォス、エフセキュア)。カスペルスキーなど更新サービスを無料提供しているものは除いている。利用状況や要望に応じて追加や除外はあり得る」(三木氏)。料金は都道府県と市区が年額15万円、町村が同10万円で、「民間サービスの数分の1の設定」という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら