ITシステムの仕事で今、最も大切なことはスピード開発。周囲から「トロい」と言わせないための極意を事例から学ぼう。

 「最近のソフトウエア開発は、驚くほどスピードを求められている。中には2週間の納期でも遅いと言われるケースがある」――。企業システムの高速開発を支援している富士通 デジタルビジネス事業部カスタマーエンゲージメントソリューション室の川上真一氏はこう漏らす。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が拡大する中で、これまでにないスピードがIT現場に要求されているという。周囲から「トロい」と言われないためには、IT現場の抜本的な改革が必要なのだ。

 では、トロい現場から脱却し、スピード感のあるIT現場にするにはどうすればよいのか。改善に取り組むIT現場への取材を重ねた結果、重要なのはスピード開発を阻む落とし穴にはまらないことだ。その落とし穴とは、大きく分けて「技術的な落とし穴」と「人的な落とし穴」がある。

ソフト開発の高速化手法CIを導入・活用する上での落とし穴
[画像のクリックで拡大表示]

 技術的な落とし穴は、ここにきて広がりを見せる継続的インテグレーション(CI:Continuous Integration)に起因するものが多い。CIとは、開発者が変更したソースコードをバージョン管理システムなどのリポジトリーに登録すると、自動でコンパイルやビルド(結合)、テスト環境へのデプロイ(配置)、テストを実行するための仕組みだ。CIに詳しいNTTデータ 生産技術本部Agile Professional Centerの宮館康夫課長は「面倒な開発作業を自動化して劇的に生産性を上げるのがCIだ。しかし、導入に当たっては技術的な落とし穴が幾つかある」と指摘する。

 一方の人的な落とし穴は、開発手順の見直しやコミュニケーションの取り方などを指す。この落とし穴にはまると、CIの成果も引き出せないという。日立ソリューションズ プロセスコンサルティング部の髙月裕二グループマネージャは「CIの導入は開発プロセスの変更を迫られる。現場の開発者が新しい手順を理解しなければ、CIが無用の長物と化してしまう」と話す。

 以下では、技術的な落とし穴と人的な落とし穴にはまらないためのテクニックを、実践事例とともに紹介する。まず、技術的な落とし穴だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら