最新技術トレンドを日経 xTECHのバーチャル記者「黒須もあ(β)」が動画で解説していく本コラム。これまで公開してきたキーワード解説動画とは異なる、新たなコーナーを開設する。その名は「もあPICK UP!」。最近の日経 xTECHの記事から、知っておきたいテーマをピックアップして、その最新動向を動画で紹介するコーナーだ。

 今回は、以下の5テーマをピックアップした。

  1. 捨てたもんじゃないニッポンAI
  2. 建設工事をロボで自動化
  3. ファーウェイ騒動の深層
  4. ライドシェアの『現実と未来』
  5. 緊急特集、令和IT対応システム障害

今回ピックアップした5つのテーマ。
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの中から、(1)「捨てたもんじゃないニッポンAI」、(2)「建設工事をロボで自動化」の2つを動画の中でも紹介してる。

(1)捨てたもんじゃないニッポンAI

テーマその1「捨てたもんじゃないニッポンAI」。
[画像のクリックで拡大表示]

 AI分野をリードしているのは、アメリカの巨大IT企業「GAFAM」や中国の著名IT企業「BATIS」である。しかし、まだレースの勝敗はわからない。日本国内にも注目すべきAIスタートアップが複数存在する。

国内AIスタートアップも独自のビジネスを構築しつつある。
[画像のクリックで拡大表示]

 彼らはGAFAMやBATISに負けない独自の戦略で、ビジネスを構築しつつある。そんな注目AIスタートアップとその戦略を紹介する。

(2)建設工事をロボで自動化

テーマその2「建設工事をロボで自動化」。
[画像のクリックで拡大表示]

 長時間、中腰での作業が求められる鉄筋の結束作業は、肉体的にも精神的にも作業者にとって負担が高い。そんな中、施工箇所の9割を肩代わりできるとする自動結束ロボットが登場した。1カ所あたり約2.7秒で結束できる。

単純作業を自動化することで作業者の負担軽減を狙う。
[画像のクリックで拡大表示]

 全体の6割にも及ぶといわれる結束を含む単純作業を自動化できれば、作業者の負担軽減や人件費の大幅な削減につながる。早期の実用化が期待される。

それでは最後に…

 最後の締めに、いつものあれ、お願いします。クロステーック!!!

いつものあれ、いっしょにお願いします。「クロステーック!!!」
[画像のクリックで拡大表示]

Xmoa channel

ほかにも様々な動画を公開しています!
チャンネル登録よろしくお願いします!