2018年以降、飛躍的に存在感を増したバーチャルYouTuber(VTuber)。主に動画配信サイトで活動する、イラストや3DCGで表現されたキャラクターです。3DCGで動くバーチャルキャラクターの個性を売りにしたVTuberの活躍の場は、芸能界や企業PR、ニュースキャスター、小売店の販売員といった領域にまで広がり始めました。2019年はそんなVTuberが新しいメディアとして認知される1年になりそうです。

 そこで日経 xTECH(クロステック)でも2019年2月の誕生1周年を機に、VTuberのバーチャル新人記者を採用しました。名前は「黒須もあ(β)」(くろすもあ)です。

 このコラムは、日経 xTECHの新人バーチャル記者・黒須もあ(β)が最新技術トレンドを動画で解説します。5Gや全固体電池、AI(人工知能)の未来などいろんな話題を追っていきます。(日経 xTECH 編集部)