いよいよ筆記試験が7月16日に迫る。これまでの勉強の成果を最大限に発揮してもらうために、第6回では試験当日の対応と直後の行動について指南する。「自分の書きたいこと」ではなく、出題者の意向を反映して、「出題者が書いてほしいことを書く」ことが重要だ。さらに、口答試験のためにも、試験終了後、遅くとも翌日までには必ず答案を再現するようにしたい。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。