2017年度の技術士第二次試験の筆記試験に関して、日経コンストラクション2018年2月26日号本編で掲載できなかった総合技術監理部門の出題内容と傾向、解答方法を補足する。また、1月28日に終了した口頭試験の結果についても簡単に報告する。
(関連記事:本編第1回 2018年度の受験対策「出題傾向が読める今年に勝負」

1.総合技術監理部門 択一式

 いわゆる青本(「技術士制度における総合技術監理部門の技術体系」、04年1月に日本技術士会が発行)が絶版になった影響で、青本からの出題は20%程度と減った。また、IT(情報技術)と法律については、最新情報が出題された。従って、18年度も、青本からは、過去問として出題されたことがあるような問題に絞られるであろう。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。