Webアクセスの新しい通信プロトコル「HTTP/3」が登場した。従来のHTTPよりもWebアクセスを劇的に効率化する。HTTP/3が登場した背景やその仕組みを解説する。

 TCPを捨ててUDPとQUICを採用したHTTP/3。

 HTTP/3はQUICを採用することで従来のHTTPよりも様々な点が改善されている。ここからはHTTP/3のそれぞれの利点を見ていこう。

HTTP/3の主な利点
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、接続開始時の遅延が小さい点だ。HTTP/3ではTCPを使わないため、3ウエイハンドシェークが存在しない。TLS 1.3のハンドシェークを使って通信を始める。このためハンドシェークの直後から暗号通信できる。

ハンドシェークを大幅に削減
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、いったん通信した相手に再び接続する際には、TLS 1.3の0-RTTという機能を利用してハンドシェークなしで通信を開始できる。そもそも0-RTTはグーグル版QUICが搭載していた機能であり、これがTLS 1.3にも採用されたという経緯がある。

 このようにハンドシェークにかかる時間を大幅に削減し、従来のHTTPよりも接続開始時の遅延を抑えている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら