Webアクセスの新しい通信プロトコル「HTTP/3」が登場した。従来のHTTPよりもWebアクセスを劇的に効率化する。HTTP/3が登場した背景やその仕組みを解説する。

 HTTP(HyperText Transfer Protocol)はWebの世界を支えるプロトコルである。Webページの内容を記述するHTMLファイル、レイアウトを決定するCSSファイルなど、Webサイトを構成する要素はHTTPを使ってWebサーバーからWebブラウザーに送られる。

 HTTPの最初のバージョンであるHTTP/1.0が登場したのは1996年。

 翌年の1997年には、バーチャルホストに対応するなどの改良を加えたHTTP/1.1が登場した。バーチャルホストは、同じIPアドレスを複数のドメインで共有する技術だ。現在のWebサイトへのアクセスにはHTTP/1.1が広く使われている。

TCPを使わないHTTP/3
[画像のクリックで拡大表示]

 HTTPの次のバージョンであるHTTP/2が登場したのは2015年。HTTP/1.1の登場から実に18年もたっていた。背景にあったのは、大規模コンテンツ事業者(OTT:Over The Top)の登場だ。OTTの1社である米グーグル(Google)は、大量のWebアクセスをさばくためにSPDYという独自プロトコルを開発した。SPDYを基にインターネット技術の標準化団体であるIETF(Internet Engineering Task Force)が策定したのがHTTP/2である。HTTP/2は現在、OTTを中心に利用されている。

 ただ、HTTP/2は従来のHTTPと同じく、トランスポート層のプロトコルとしてTCPを使っている。このことが、通信の効率化の足かせになっていた。

 そこで2019年に登場するのが「HTTP/3」である。TCPではなくUDPを利用することで、通信のさらなる効率化を実現する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら