マツダにとって2019年は勝負の年だ。「スカイアクティブ」技術の第2世代を実用化する。まずは春に投入する「マツダ3」で、「スモール」と呼ぶプラットフォーム(PF)を採用し、パワートレーンを刷新。その後、大型車用の「ラージ」と呼ぶ新PFの投入が控える。マツダ常務執行役員の広瀬一郎氏に、失敗の許されない社運を賭けた開発の進捗を聞いた。

スモールPFの位置付けは従来を踏襲するが、ラージPFは新しい挑戦になる。

 スモールは今の商品群の延長で、台数規模を狙う。一方でラージは、プレミアム方向への足がかりだ。商品ラインアップを上位の方向に広げていく。

 ラージの開発は順調に来ている。もちろん、昨日できなかったことをできるようにするわけで、苦労は多い。いつものことだし、苦労の先にしかステップアップした商品はありえない。

[画像のクリックで拡大表示]
広瀬一郎氏
常務執行役員パワートレイン開発・車両開発・商品企画・コスト革新担当(写真:橋本真宏)

編集部の取材では、ラージPFはFR(前部エンジン・後輪駆動)になる。

 ラージは、スモールと同じ性能ではいけない。過去の焼き直しでできるものではない。やりたいことがたくさんある一方で、コストの問題もある。多くの連立方程式を解かねばならない。

かつてプレミアム路線に進んで、失敗した。

 いろいろな装備をつけて、(価格を)高くするプレミアムを目指すわけではない。目指すのは、磨かれた価値で顧客と強力に結びつくこと。マツダ車に関わると、離れられなくなるくらいの強力なボンド(接着剤)をつくりたい。

 価格面では、クルマの価値を上げて、価格の幅を広げる。もちろん上(の価格帯)も狙う。スモールの(現在と同等の)価格帯から、ラージの投入で価格帯が上まで広がるイメージだ。

[画像のクリックで拡大表示]
次世代スカイアクティブで2種のPFを用意
ラージPFで、プレミアム路線に挑む。

ボンドとは何を指すのか。顧客の囲い込みサービスのようなものか。

 一度乗るとまた乗りたくなる独特の乗り味を目指す。乗ると自らの感性が磨かれ、「できる感」「やれる感」が増すクルマを造りたい。「いい道具」とはそういうものだろう。囲い込みサービスみたいなことは、別に考えるもの。

 規模の大きな他社は、「いい道具」にこだわった特定の人に向けた商品を造りにくい。だからこそ、当社は特化する。存在意義はそこだ。ラージで、「いい道具」としてのクルマの価値をさらに高める。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら