パソコンにプリインストールされているWindows 10は、主にWindows 10 HomeとWindows 10 Proの2種類である。だが、他にもいくつかのエディションが存在する。

 企業ユーザーであれば、管理機能を強化したWindows 10 Enterpriseやワークステーション向けのWindows 10 Pro for Workstationを使っているかもしれない。学生や教職員向けには、Windows 10 Educationというエディションが存在する。モバイルデバイスに関心がある人なら、最近までWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォンが新たに出ていたのを覚えているだろう。

 人が操作するのではなく、機器に組み込んで使うためのエディションもある。Windows 10 IoT EnterpriseやWindows 10 IoT Coreがそれだ。

Windows 10のエディション一覧
[画像のクリックで拡大表示]

一部の機能はProにはあってHomeにはない

 まずは、最も使われているWindows 10 HomeとProの違いから見ていこう。

 Windows 10 Homeは最もベーシックなエディションで、主に家庭向け。ProはHomeの上位に当たり、企業利用も考慮されている。両者は、企業でよく使われる一部機能の有無で違いがある。ディスクを暗号化する「BitLocker」、パソコンの使い方を制御する「グループポリシー」、ディレクトリーサービスである「Active Directory」への対応、遠隔操作に使う「リモート デスクトップ」のホスト機能といった機能は、Windows 10 ProにはあってWindows 10 Homeにはない。

Windows 10 ProにあってWindows 10 Homeにない主な機能
Windows 10 Homeは、主に仕事場で使う機能が省かれている
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsが認識できるメモリーの最大容量も異なる。Windows 10 Homeのメモリーの最大容量は128Gバイトまで。これに対して、Windows 10 Proは2Tバイトまでとなっている。

 大型アップデートの適用方法にも若干の違いがある。Windows 10 Homeでは即適用されるのに対し、Windows 10 Proは設定によって遅らせることも可能だ。企業によってはアップデートを即時適用しないこともあるので、この違いは重要である。