改良された機能もある

 以前から搭載している機能で、この大型アップデートを機に強化されたものもある。その1つはテキストエディターの「メモ帳」だ。

 従来のメモ帳は、フォントサイズが固定されていた。そのため高解像度の画面で表示すると、文字が読みにくいことがあった。Windows 10 October 2018 Updateのメモ帳は、WebブラウザーやOfficeのように「Ctrl」キーと「+」「-」キーで文字の表示の大きさを調節できるようになった。マウスのホイールでも調節できる。

 メモ帳のステータスバーには、文字の改行コードや現在の文字数、行数が表示されるようになった。また従来のメモ帳は、文字の改行コード「CR+LF」のみ対応していた。ネットからダウンロードしたテキストファイルを開いたら、文章が改行されていなかったという問題が発生していたのは、これが原因である。新しいメモ帳では「LF」および「CR」の改行コードにも対応しており、このような問題が発生しないようになった。

メモ帳
文字の表示の大きさを変えられるようになった。改行コードや行数などがステータスバーに表示されている
[画像のクリックで拡大表示]

 夜間などに向く色設定にする「ダークモード」も、以前のバージョンからあった機能だが、Windows 10 October 2018 Updateで強化された。これまではダークモードを指定しても、ストアアプリが黒くなるのみで、エクスプローラーは白いままだった。Windows 10 October 2018 Updateではそれが改善されており、エクスプローラーも黒色のデザインに切り替わる。ただし、コントロール パネルやデバイス マネージャーの画面は白いままだ。

 ダークモードは「設定」の「個人用設定」にある「色」を、またはデスクトップの右クリックメニューから「個人用設定」を開き、「既存のアプリモードを選択します」で「黒」を選択すると切り替えられる。

ダークモードにすると、エクスプローラーも黒色で表示される
[画像のクリックで拡大表示]
田代 祥吾(たしろ しょうご)
PC周辺機器メーカーから日経WinPC編集部を経て、現在はフリーランスライターとして活動。日経PC21や日経パソコンなどで記事を執筆している。得意ジャンルはパソコンやスマートフォン、自動車、アキバ系サブカルチャーなど。