Windows 10の大型アップデートでは、不具合修正とともに新機能が追加される。過去の大型アップデートでも、パーソナルアシスタントの「Cortana」や、写真の整理などに使える「フォト アプリ」、パソコンから離れたときに自動的にロックできる「動的ロック」など、多数の機能が追加されてきた。

 2018年10月に公開されたWindows 10 October 2018 Updateでは、パソコンとスマホを連携する「スマホ同期」、クラウドでほかのパソコンとクリップボードを共有する「クラウド クリップボード」、画面キャプチャーツール「切り取り&スケッチ」などが追加されている。同時に、「メモ帳」の改良といった機能強化も施されている。今回は、Windows 10 October 2018 Updateで得られる、これらの新機能や機能強化について説明する。

スマホで撮った写真をWindows 10で利用

 スマホ同期は、同じMicrosoftアカウントでサインインしているパソコンとスマホをリンクして、情報を共有する機能だ。パソコンとスマホはネットワークを介してリンクさせるため、ケーブル接続は不要だ。

 この機能を使うには、スマホにアプリをインストールすることが必要となる。アプリはAndroid用とiPhone用があるが、使える機能は両者で異なる。

 Androidの場合、「スマホ同期管理」アプリをインストールしてWindows 10パソコンとのリンクが完了すると、スマホで撮影した写真や動画をパソコンで開けるようになる。また、スマホに届いたショートメッセージ(SMS)をパソコンで閲覧したり、パソコンでショートメッセージを作成して同期したスマホから送信したりできる。

 マイクロソフトでは、アプリの今後のリリースで他の機能も追加していくと説明している。なおスマホ同期は、Windows 10 April 2018 Updateでも、パソコン用のソフトをMicrosoft Storeから入手してインストールすることで利用可能になる。

スマホ同期
Androidの場合、スマホで撮影した写真や動画をパソコンで開いたり、パソコンからスマホのショートメッセージを読み書きしたりできる
[画像のクリックで拡大表示]