Windows Updateでも手動でも適用可能

 Windows 10 October 2018 Updateは、Windows 10 April 2018 Updateを適用済みのWindows 10を搭載したパソコンで適用可能だ。過去の大型アップデートと同様に、Windows Updateによる自動更新か、または手動で適用する。

 Windows Updateによる自動更新は、配信サーバーの負荷を下げるために段階的に提供されている。該当するパソコンが選ばれ、Windows Updateを実行したときに適用される。配布開始時に、全てのパソコンに行き渡るまで数週間かかると説明されていた。

 手動で適用する場合は、Windows 10のダウンロードページにアクセスして、「Windows 10 October 2018 Update が利用可能になりました」と書かれているところにある「今すぐアップデート」を選択する。これにより「Windows 10 更新アシスタント」というソフトを入手できるので、これを起動して画面の指示に従って選択していけばよい。

 このダウンロードページでは、クリーンインストールに使うメディアを作成する「Windows 10 メディア作成ツール」も入手できる。

Windows 10のダウンロードページ
「Windows 10 October 2018 Updateが利用可能になりました」にある「今すぐアップデート」を選ぶと「Windows 10 更新アシスタント」を入手できる
[画像のクリックで拡大表示]
Windows 10 更新アシスタントの画面
画面の指示に従うだけでよい。バックグラウンドで必要なデータをダウンロードする。ダウンロードが完了すると再起動を促され、再起動後にWindows 10 October 2018 Updateにアップデートされる
[画像のクリックで拡大表示]
田代 祥吾(たしろ しょうご)
PC周辺機器メーカーから日経WinPC編集部を経て、現在はフリーランスライターとして活動。日経PC21や日経パソコンなどで記事を執筆している。得意ジャンルはパソコンやスマートフォン、自動車、アキバ系サブカルチャーなど。