建設工事現場のリーダーである現場所長。工事を統率する大きな権限を持つ一方で、責任は増すばかりだ。工事の利益確保や安全確保、発注者との交渉、近隣住民の対応に加え、人材不足が深刻になる近年は、若手の育成や部下の休暇取得にも目を配らなければならない。

 悩み多き境遇に正面から立ち向かい、各地で活躍する10人の“名物所長”を取材。その現場力に迫った。

*掲載予定記事のタイトル・内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。