ホンダが2018年12月14日に日本で発売する新型ハイブリッド車(HEV)「インサイト」は、重希土類元素を含まない磁石をモーターのローター(回転子)に使った。価格が高く安定調達に不安があるDy(ジスプロシウム)やTb(テルビウム)を使わずに、磁力の強さを維持しながら、耐熱性を高められる利点がある。

 同社は既に、重希土類を含まない磁石を1モーターのハイブリッド機構「i-DCD」に採用している。2モーターのハイブリッド機構「i-MMD」への採用は、今回の新型車が初めてである(図1)。

図1 新型HEV「インサイト」
[画像のクリックで拡大表示]

 HEV用モーターのローターには通常、重希土類のDyやTbを添加したNd‐Fe‐B(ネオジム‐鉄‐ホウ素)系磁石(ネオジム磁石)を使う。DyやTbを添加するのは、耐熱性の指標である磁石の保磁力を高めるためである。

 重希土類を使わずに耐熱性を高めるため新型車のモーターでは、ローターに埋め込んだネオジム磁石の冷却方法を改良した。具体的には、「軸芯冷却」という新たな手法を使った。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら