IoT時代のキーワードとして、IT技術者が押さえておきたいのが通信規格「LPWA」である。最新の技術動向や代表的な規格の仕組みについて解説する。

 IoT向け通信の本命といわれるLPWA(Low Power Wide Area)。LPWAとは、低消費電力で長距離通信が可能な規格である。

 LPWAは、免許が不要なアンライセンス系と、免許が必要なライセンス系に大きく分かれる。ライセンス系の本命はLTE-MやNB-IoTだ。これらはLTEの信頼性を確保したまま、消費電力を減らす工夫を凝らしている。その工夫を紹介しよう。「半二重」「拡張DRX」「PSM(Power Saving Mode)」の3つだ。

 半二重とは、端末から基地局への「上り」か、基地局から端末への「下り」のどちらか片方ずつしか通信できない方式のことだ。今の携帯電話の通信では、上りと下りを同時に通信できる全二重が当たり前だが、これを半二重にすることで消費電力や端末コストを抑えられる。

半二重通信で消費電力を削減
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、上りと下りの周波数切り替えのための空き時間を用意する。これにより、端末の周波数発振回路を1つにして、それを切り替えながら運用する。上りと下りで使う回路も共通化でき、全二重を実現するための多重化装置(デュプレクサー)も不要になる。

 カテゴリー0以降の端末で半二重の周波数多重方式をサポートする。LTE-Mでは、全二重と半二重を選べる。これに対し、NB-IoTでは半二重しか使えない。

通信を休む拡張DRXとPSM

 消費電力の削減に有効な拡張DRXという仕組みも導入している。拡張DRXはeDRXともいう。

 現在のLTEでは、通信をしていない間は消費電力の少ない待ち受け状態に移行して、定期的に基地局に問い合わせるDRX(Discontinuous Reception)という仕組みを使っている。問い合わせの信号は「ページング」と呼ばれる。

DRXの仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら