東京・六本木の森美術館で2018年4月末から約5カ月間、開催された「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」は、約54万人を動員した。この成功の立役者が前田尚武氏だ。設計の道から美術館の世界に入り、運営や企画などのソフト面も熟知。その知識や経験を生かし、近年は館外にも活動領域を広げている。

「建築の日本展」の入場者数は当初予想の2倍だったそうですね。勝因はどこにあると見ていますか。

 展覧会のつくり方だと思います。森美術館でこれ以前に開催した4回の建築展に私はすべて何らかの形で関わり、建築展のつくり方において自分なりの蓄積ができていました。それを今回の「建築の日本展」では生かすことができました。

森美術館のデザイン・コンサルティング マネージャーで建築・デザインプログラム マネージャーでもある前田尚武氏。「建築の日本展」の開催前日となる18年4月24日の記者発表にて(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、2007年の「ル・コルビュジエ展」で原寸再現の展示をしたときは、模型会社や展示施工会社に制作を依頼しましたが、今回の「待庵(たいあん)」の原寸再現は、ものつくり大学(埼玉県)に制作を依頼。当館との共同研究という形でつくり方などを議論し、学生たちは実測図や文献をひも解き、和くぎの1本まで手づくりしました。

 丹下健三邸の3分の1模型は、おだわら名工舎に制作を依頼しました。伝統工法に通じた職人の育成や技術の継承、歴史的建造物の維持保全・活用などを推進するNPO法人です。3分の1という大きさにもいろいろな理由があります。宮大工が普段使っている道具で、原寸と同じように仕口を刻むことができて、継ぎ手をつくれるのもその1つ。模型を通して丹下邸の学術的な解釈だけではなく、日本の伝統的な技術も見せることを意図しました。

「建築の日本展」に展示した「丹下健三自邸」の3分の1の模型。制作の監修は森美術館と野口直人氏が手掛け、制作をおだわら名工舎が担当(写真:森美術館、撮影:来田 猛)
[画像のクリックで拡大表示]

「遺伝子」をキーワードとする建築展のアイデアは、2011年の「メタボリズムの未来都市展」のときから温めていたそうですね。会場構成は9つのテーマ別で、展示したプロジェクト数は全部で100。何を入れて、何を落とすかは相当な議論があったのですか。

 テーマ展にすることは初めから考えていましたが、9つに分けたのは共同企画者の倉方俊輔さん(建築史家、大阪市立大学准教授)の思い切った判断からです。当館は大きい展示室が4つあるので、当初は4つくらいに分けるイメージでした。

 展示プロジェクトの選定は図録の制作と並行して議論しました。図録では9つのテーマそれぞれに、若手研究者のエッセイを収録しています。展示プロジェクトがまだ固まらない初期に執筆を依頼し、原稿に出てくるプロジェクトを展示や資料選定に反映しました。

 プロジェクトの選定では、現存していることを重視しました。展覧会場でその実物を見たい気持ちを刺激し、実際に見に行ってもらえば、知的好奇心を満たす経験となり、建築が記憶に残る。この方向性も、これまでの建築展での鑑賞者の反応を踏まえたものです。

「建築の日本展」セクション9の展示風景。展示デザインは鑑賞者の興味や専門性の度合いに配慮し、文字情報を3段階に分けて掲出(写真:森美術館、撮影:来田 猛)
[画像のクリックで拡大表示]

会場では「家屋文鏡(かおくもんきょう)」や「家形埴輪(いえがたはにわ)」と「荘銀タクト鶴岡」(2017年、設計:SANAAほか)とが隣同士に並ぶなど、切り口が斬新でした。

 比較展示は美術展では一般的な手法です。建築が教養として専門外の人にも広く根付くためには、美術展のような趣向も必要だと思ったんです。美術館の展覧会は“イベント”と思われているところがあるので、そこを上手に利用して、一般の人にも建築の扉を大きく開いたつもりです。

「建築の日本展」の展示デザインは模型でも検討(写真:森美術館、前田尚武)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら