2018年は、高い水準の信頼性が求められる業務システムにもクラウドサービスを利用する企業が大幅に増えた。「クラウド」分野のアクセスランキングには、そうした状況の変化が表れた。特に目立ったのは、クラウドサービスのトラブルや障害に関する記事。1位の「多摩のビル建設現場火災、AWS向けデータセンターの可能性が濃厚」は、2018年7月26日に東京都多摩市で発生した建築中ビルの火災が、クラウドサービスの最大手であるAmazon Web Services(AWS)向けのデータセンターである可能性が高いことを報じたニュースだ。5位の「富士通系のクラウドストレージサービスが利用不能に、全面復旧に1カ月以上」は、富士通クラウドテクノロジーズのクラウドサービス「ニフクラ」での障害を掘り下げて解説している。

 「御三家の現在地、初めてランクインしたIT資格」が8位に入ったことにも注目したい。この調査では「これから取得したいITベンダーの認定資格」として、上位3つがクラウド関連の資格で占められていることを明らかにした。業務システムを担当するITエンジニアにも、クラウドの知識やスキルが必要になったことの表れだ。

 13位の「AWS移行で予算超過のリスク判明、ダイソーの回避策」などのクラウド活用事例や、15位の「AWSとマイクロソフトとグーグルのクラウド、38項目で徹底比較」のような、大手のクラウドサービスの違いが分かる実務的な記事も読まれた。2019年は業務システムへのクラウド活用がさらに進み、この傾向はより強くなるとみられる。

クラウドのアクセスランキング
期間:2018年2月13日~12月10日
順位タイトル
1位多摩のビル建設現場火災、AWS向けデータセンターの可能性が濃厚
2位不満噴出のスマホ通信品質、携帯11社の遅延を計測
3位AWSを捨てて復活、ドロップボックスが上場へ
4位追い込まれた古豪IBM、4兆円買収で蘇るか
5位富士通系のクラウドストレージサービスが利用不能に、全面復旧に1カ月以上
6位デンソーにシリコンバレーをつくる、異例の人事と厚遇
7位2025年問題、SAPユーザー2000社に迫る
8位御三家の現在地、初めてランクインしたIT資格
9位社長の6年間は死ぬほど苦しかった、JAL植木会長の本音
10位トヨタはMaaSに参入せず、体面捨てソフトバンクに頼む逆転手
11位都市まで支配するグーグル、トヨタは「ティア2」に陥落か
12位夢のコンピュータ、国内IT大手4社が開発に本腰
13位AWS移行で予算超過のリスク判明、ダイソーの回避策
14位返り咲いたAMD、意外な手で巻き返し図るインテル
15位AWSとマイクロソフトとグーグルのクラウド、38項目で徹底比較
16位新たな危機、JALのシステム刷新で起きた2つの想定外
17位遠のく最大手の座、データが示すIBMの現実
18位破綻を契機に「4度目」の正直、JALが基幹システム刷新
19位なぜかラジオを聴くようになる、スマートスピーカーを3カ月使った結論
20位ラズパイでAIスピーカーを自作してみた