(写真:123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 「IT経営」のアクセスランキングには上位20位中、実に6本も人材や働き方を取り上げた記事がランクインした。3位のシニアSEの働き方に関する記事は、ある年齢よりも下のエンジニアが好まれる傾向が依然として残っている現実を明らかにした。7位の残業を取り上げた記事は「残業している人はがんばっている」との考え方は時代遅れであると一刀両断。いずれも背景には人手不足がある。特にIT業界はエンジニアの獲得競争が激しい。10位にランクインした記事のように「優秀な人ほど辞める」状況に陥らないためにも、改めて記事を読み直してみよう。

 2019年上期の移行作業完了に向けて、現在進行中であるみずほ銀行の勘定系システム統合も高い関心を集めた。5位にランクインした移行スケジュールに関する記事は、巨大システム統合の進捗をいち早く報じて広く読まれた。次なる関心は、18位にランクインした「平成とともに終わる、みずほ銀システム統合の特需」がどうなるかだ。2019年も、日経 xTECHはみずほの行方を追い続ける。

 電子レシートや共通ポイント、ZOZO、NTTのIT新会社など、2018年に話題になった言葉がランキングに並ぶ中、ダントツの1位に輝いたのはヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」。Pepperを導入している企業にアンケートを実施し、更改を予定する企業がわずか15%にとどまる事実を明らかにした。2019年も新たな技術やそれらを使った製品やサービスが登場するだろう。導入する際の参考にしていただければ幸いである。

IT経営のアクセスランキング
期間:2018年2月13日~12月10日
順位タイトル
1位さらばペッパー、契約更改を見送った企業の本音
2位神継投はデータで決めた、プロ野球選手のやる気を引き出すラミ流采配
3位シニアSEに仕事がこない本当の理由
4位電子レシートの恐るべき破壊力、小売業の淘汰始まる
5位苦節16年みずほ銀行の勘定系統合、6月に移行開始
6位Windows 7が動く会社でこれから起こり得ること
7位残業したがる社員、働き方改革の厄介者を減らす術
8位ZOZOで注文したスーツが不良品に、出荷延期も驚きの急展開
9位Tポイントからファミマ離脱か、共通ポイント戦国時代
10位優秀な人ほど辞める、近視眼的なIT職場の問題地図
11位「水と油」の融合が課題、NTTが日本最大の新IT会社
12位執行役員を半数以下に、富士通がリストラ断行
13位建設業の足元にも及ばない、IT業界は最も遅れた労働集約型産業だ
14位半年後に迫る特定派遣の廃止、中小ITベンダーにはいばらの道
15位NEC業績低迷の真相、新野社長の反省と覚悟
16位日本人が知らない、アマゾンの本当のすごさ
17位昇給や昇進に役立つIT資格トップ20
18位平成とともに終わる、みずほ銀システム統合の特需
19位人手不足は一転して人材余剰に、三菱総研が2030年を試算
20位上位30社を一挙公開、IT企業の売上高ランキング