最近のソフトウエア開発で必須のツールとも呼べる存在が、「GitHub(ギットハブ)」である。GitHubとは何か。使いこなすためのポイントを学ぼう。

 これまでGitHubの機能の概要から、基本的な操作方法、そしてGitHubを使ったチーム開発の方法まで解説してきた。今まで見て来たようにGitHubはバージョン管理に加え、課題やドキュメントの管理機能など、システム開発を支えるために必要な機能が一通りそろっている。

 このようにGitHubは単体でもシステム開発の効率化に効果を発揮する強力なツールだが、その機能を強化し、より便利に使えるようにする様々なツールが用意されている。

GitHub向けの機能拡張ツールの例
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでは特に便利でよく利用される「CircleCI(サークルシーアイ)」「GitHub Projects」について概要を説明しよう。

CircleCI

 CircleCIは、GitHubリポジトリーの成果物を基に、成果物のコンパイルを自動で実施したり、テストツールによるテストを自動で実行したりするWebサービスだ。

 サービス名に含まれる「CI」は「Continuous Integration( 継続的インテグレーション)」を指している。その名の通り、成果物を日々継続してコンパイルし、製品として統合する仕組みを提供する。

 CircleCIで実行する処理は、対象となるGitHubのリポジトリーに格納しておく。そして、処理を実行するきっかけとなるプッシュなどのGitHubへの操作を設定しておくと、GitHubに成果物がプッシュされるたびに、CircleCI上で処理が実行される。

 処理結果の成果物や実行ログを、CircleCIに記録された処理履歴とともに参照できるようになる。

CircleCIとGitHubの連携例
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら