最近のソフトウエア開発で必須のツールとも呼べる存在が、「GitHub(ギットハブ)」である。GitHubとは何か。使いこなすためのポイントを学ぼう。

 これまでGitHub の概要を解説してきた。GitHubを構成するバージョン管理機能の「Git」や課題管理機能の「Issues」、ドキュメント管理機能「Wiki」や「Pages」といった一通りの機能を理解したところで、実際にGitHubを利用する際の基本的な操作を解説しよう。基本作業の流れを押さえれば、操作はそれほど難しくない。

GitHubの構造

 まずGitHubの構造を把握しておこう。GitHubはアカウント単位にリポジトリーを作成する。そして、リポジトリーの単位に、IssuesやWikiが用意される。

GitHubの構造
[画像のクリックで拡大表示]

 GitHubのアカウントには、個人ユーザーアカウントのほか、複数のユーザーアカウントを束ねるグループ「Organization(組織)」アカウントもある。チーム開発では組織アカウントのリポジトリーを作成して共有するとよいだろう。

 組織アカウントは、所属するユーザーに対して細に権限を制御できる。例えば「管理者はXXX さんとYYYさん」「このリポジトリーが使えるのは、ZZZチームのメンバーの3人だけ」「顧客ユーザーはイシューの参照はできるが、書き込みはできない」といった設定ができるため、不用意な操作からリポジトリーを保護できる。

GitHubの開始に必要な作業

 ではGitHubを使い始めるために必要な作業を順に説明しよう。主に4つの作業を行う。

(1)ユーザーアカウント作成
(2)組織アカウント作成
(3)リポジトリー作成
(4)成果物編集

 ユーザーアカウントを作成するためには、GitHubのWebサイトにアクセスし、アカウント名とメールアドレス、パスワードを指定する。ユーザーアカウントを作成したら、今度はそのユーザーを所属させるための組織アカウントを作成する。組織アカウントもユーザーアカウントと同様に、アカウント名とメールアドレスを指定して作成する。ユーザーアカウントと異なるのは、有償の複数のプランが用意されていることだ。

GitHubの開始手順
[画像のクリックで拡大表示]

 GitHubで作成できるリポジトリーは、既定では「Public(公開)」扱いになる。しかし業務で作成するリポジトリーは、機密情報を含む可能性があるため、公開すべきではない。そこで一般には、「Private(非公開)」リポジトリーを選択する。ただし、Privateリポジトリーを作成するためには、有償である「Teams」か「Business Cloud」のいずれかのプランを選択しなければならない。機能やユーザー数によって、必要な方を選べばよいだろう。

 組織アカウントを作成し、必要なユーザーを所属させたら、いよいよリポジトリーを作成する。リポジトリーを作成する際には、名前、概要、公開範囲などを指定する。繰り返しになるが、業務用リポジトリーは公開範囲をPrivateにして作成することが最も重要な注意点だ。

 これでGitHubを利用するための準備は一通り完了したことになる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら