レジストリの肥大化を解消して動作を軽く

 不要なレジストリがたまっていると、PCの動作が重くなる。レジストリとは、Windowsの設定やアプリ、周辺機器などの情報などPCに関する情報が収められたデータベースのようなものだ。PCにアプリをインストールした場合や周辺機器を接続した場合、レジストリに新しい情報が次々と書き込まれていく。

 しかし、アプリケーションをアンインストールしても、レジストリが残ったままになることがよくある。PCを長く使い続けているほど、レジストリに多くの情報が書き込まれた状態になり、どんどん肥大化してしまうわけだ。Windowsは起動時にレジストリを参照するため、レジストリが肥大化していると起動が遅くなる。また、アプリケーションを使用する場合も同様にレジストリを参照するため、アプリケーションの動作が遅くなるという影響も出る。

 CCleanerには、不要なレジストリを見つけ出して削除する機能がある。必要なレジストリまで削除してしまうと、アプリケーションが正常に動作しないなどのトラブルにつながる場合がある。そのためCCleanerでは、レジストリを削除する前に現在のレジストリをバックアップできるようになっている。

「レジストリ」を開いて、「問題点をスキャン」を実行。「選択した問題を解決」をクリックすると、レジストリをバックアップするかどうか聞かれるので、レジストリファイルを保存する。その後、不要なレジストリが削除される。レジストリの削除後、もしWindowsが不調になった場合、バックアップしておいたレジストリをダブルクリックすると元に戻せる
[画像のクリックで拡大表示]

 この他、「ツール」画面には、Windowsの起動時に自動実行されるアプリケーションを管理したり、ディスクを解析して容量の大きいファイルを探したり、重複ファイルを見つけ出したりする機能が用意されている。

 Windowsの起動と同時に実行されるアプリケーションとして、普段はあまり使わないものまで登録されているケースがある。これらの不要なアプリケーションを自動実行の対象から外しておくと、Windowsの起動を速くできる。また、アプリケーションによるメモリーの消費を抑えることができ、PCをより快適に使える。

「スタートアップ」を開き、自動実行したくないものを選択して「無効」をクリック。再度有効にしたいときは、アプリを選択して「有効」を選べばよい。自動実行の対象から完全に外すには「エントリの削除」を実行する
[画像のクリックで拡大表示]
「ディスク解析」では、どの種類のファイルがディスクを占有しているかを調べられる。容量が大きいファイルがリストで表示され、選択して削除することもできる
[画像のクリックで拡大表示]
重複しているファイルを探す機能もある。システムファイルや隠しファイルを無視する設定項目もある
[画像のクリックで拡大表示]