屋根材の交換で問題になるのが、野地板の腐朽だ。

 居住者は屋根材の交換だけで済むと思いがちだが、屋根材や雨樋の劣化が進んでいると、野地板や垂木を含めた大規模な改修が必要になるケースがある。

 小田切建築工房(埼玉県東松山市)の小田切博志代表が2年前に手がけたリフォームも、まさにそうだった。埼玉県内に建つ築40年の2階建て木造住宅の居住者が、屋根、外壁、設備などを含む大規模リフォームを依頼してきた。

 現地調査で一番気になったのが屋根材の劣化だった〔写真1〕。屋根瓦が随所で破損し、棟部に充填されたしっくいは劣化していた。谷樋の板金は腐食し、そこから雨水が浸入した形跡があった。居住者の話によると、これまで数度にわたって増改築をしており、最初の増改築をした頃から2階の室内で雨漏りが発生するようになったという。

〔写真1〕屋根材だけでなく野地板の改修も必要に
築40年の戸建て住宅のリフォーム工事。瓦屋根の破損や谷樋の劣化で、2階の室内に雨漏りが発生していた。屋根材は溶融亜鉛めっき鋼板に交換。野地板も一部が腐朽していたので交換した(写真:小田切建築工房)
[画像のクリックで拡大表示]

 小田切代表は、屋根の劣化状況と雨漏りの事実から、野地板や垂木、小屋裏部材が腐朽している可能性が高いと判断した。

 しかし、それらの腐朽の度合いは、実際に屋根瓦を外さないと分からない。そこで、屋根工事の見積もりを作成する段階では、野地板、垂木、小屋裏部材の腐朽度を約5割と仮定して積算した。

 屋根材も変更することにした。耐震性を強化するために、瓦よりも軽い溶融亜鉛めっき鋼板を採用することを決定。同時に屋根の形状も見直した。度重なる増築で形状が複雑になり、これが雨漏りを引き起こす一因になっていたからだ。谷部を減らして単純な屋根形状に変える。

 小屋裏部分にもメスを入れることにした。換気が不十分だったので、棟換気部材を設置。妻側の換気も改善する。同時に、小屋裏部の水平構面の補強も見込んでおいた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら