スマートフォン市場を制したArmアーキテクチャーが、サーバー市場で米インテルに挑む。クラウド最大手の米AWSが2018年11月末、Armアーキテクチャーの採用を発表するなど、これまで挫折続きだったArmサーバーに再び注目が集まる。

 米AWS(Amazon Web Services)がArmアーキテクチャーのプロセッサを独自開発し、仮想マシンサービス「Amazon EC2」に採用――。このニュースにより、IT業界に衝撃が走った。

Armプロセッサを搭載するAmazon EC2の「A1」インスタンス
[画像のクリックで拡大表示]

 Armアーキテクチャーのプロセッサを搭載した「Armサーバー」はこれまで苦戦が続いていたが、AWSの採用で米インテル(Intel)が打撃を受ける可能性が出てきたからだ。サーバーに搭載するプロセッサを巡る競争はさらに激化しそうである。

 衝撃のニュースは、AWSが2018年11月26日(米国時間)に米ラスベガスで開催した年次カンファレンス「AWS re:Invent」で飛び出した。同日、EC2に新しいインスタンス「A1」を追加。A1が搭載するプロセッサ「Graviton」が、Armアーキテクチャーを採用した64ビットプロセッサだったのだ。Gravitonは、AWSが2015年に買収したイスラエルの半導体スタートアップ、アンナプルナ・ラブズ(Annapurna Labs)が開発した。

 英アーム(Arm)自身も猛攻に出ている。アームは2018年10月、米シリコンバレーで開催した年次カンファレンス「Arm TechCon 2018」で、サーバープロセッサの新ブランド「Neoverse」を発表。モバイルデバイス向けの「Cortex」とは異なるサーバー専用コアの設計(マイクロアーキテクチャー)を半導体メーカーに提供する方針を明らかにした。

サーバープロセッサの新ブランド「Neoverse」の発表風景
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン市場でインテルの「Atom」を撃退したArmアーキテクチャーが、今度はインテルの牙城であるサーバー市場に殴り込むという構図だ。もっとも、AWSやアームの取り組みが成功するかは現時点で全く未知数。過去10年間、さまざまな半導体メーカーがArmアーキテクチャーを採用したサーバープロセッサを市場に投入してきたが、誰もまだ成功をつかんでいないからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら