新iPad Proはとても優れたデバイスだと断言できる。僕は、2018年に登場したデバイスの中で3本指に入る出来の良さだと思っている。だが、上位モデルのiPadをほぼ全て購入してきた僕からすると、いくつかの欠点も指摘せざるを得ない。完成度が高いからこそ、ちょっとした欠点も気になるのだ。

 ここでは、新iPad Proを実際に使ってみてがっかりした点を説明する。

本体の薄さを感じさせないデザイン

 新しいiPad Proのボディーは、アルミを切削して作られており、質感は高く完成度は文句なしだ。ところが、デザインは個人的にあまり好みではなかった。少しも薄く見えないのだ。

 実際に厚みがあるというわけではない。今回試した11インチモデルも、さらに画面サイズが大きい12.9インチモデルも、本体の厚さは5.9ミリメートルだ。これで薄く見えない理由は、周囲を裁ち落としたような、iPhone SEに似た外観だろう。

 全く予備知識のない人が新旧iPad Proの背面を見たら、旧モデルのほうが新しいと思うに違いない。MacBook Airなど薄さを感じさせる製品のデザインに近いのも旧モデルだ。そもそも、新iPad Proは薄くなったと言われているが、旧10.5インチモデルの厚さは6.1ミリメートルでほとんど差はない。

 前面のガラスがフラットな点も、ちょっとがっかりだった。HUAWEI MediaPad M5 Proのように、角が滑らかな2.5Dガラスを採用してほしかった。

背面はフラットで、iPhone SEのような外観。完成度は高いが、見た目が好みではない
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
右のiPad Pro 10.5インチモデル、上のHUAWEI MediaPad M5 Proのほうが薄く見える
[画像のクリックで拡大表示]
角がスリムになっているiPad Pro 10.5インチモデルのほうが薄く感じる
[画像のクリックで拡大表示]
写真では分かりにくいが、HUAWEI MediaPad M5 Pro(上)は2.5Dガラスだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら