iPadの新モデルが登場した。2017年も画面サイズが10.5インチの「10.5インチiPad Pro」が登場したが、基本的なデザインのコンセプトはそれ以前のiPad Proとさほど変わらなかった。ところが、今シーズンはデザインががらりと変わり、まったく新しいタブレットへと変身した。今回は、画面サイズが11インチの「11インチiPad Pro」と12.9インチの「12.9インチiPad Pro」が用意されている。

 僕は個人的にiPadが大好きで、利用しているデジタルデバイスの中で稼働時間が2番目に長い。ちなみに最長なのは、この原稿を書いているデスクトップPCだ。ということで、11インチモデルを早速購入して使ってみた。その結果、iPadを愛してやまない故に様々なうれしい点が見えてきた。同時に、がっかりしたポイントにも気づいた。それぞれを2回に分けて紹介したい。今回は、うれしい点をまとめた。

新登場のiPad Pro。今回使ってみたのは「11インチiPad Pro」だ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

とにかくディスプレーが美しい

 10.5インチから一回り大きくなった11インチモデルのディスプレーは非常にきれいだ。手元にある高級Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と比べても、その差は大きい。

 単に明るく美しいだけでなく、表面のコーティングがとても優れている。光沢タイプのディスプレーなのだが、反射がほとんど抑えられている。iPad Proを使い慣れてしまうと、他のタブレットは映り込みが気になって、使うのが嫌になってくるほどの違いがある。

 表示のレスポンスは良く、スクロールしても画面がちらついたり表示が遅れたりすることがない。2017年に登場した10.5インチモデルも液晶は美しく、機能も優れていたのだが、同様に11インチモデルも文句なしだ。

 4個搭載しているスピーカーの音質もかなり良く、音量も大きい。1人で映画を見るようなときには、外付けのBluetoothスピーカーなどは不要だろう。イヤホンジャックは廃止されているので、ワイヤレスのイヤホンやヘッドフォンを入手することをお勧めする。iPhoneと一緒に使う人は、マルチペアリングのワイヤレスイヤホンを探すとよい。

画面は、左のHUAWEI MediaPad M5 Proと比べると非常に明るく美しい
[画像のクリックで拡大表示]
さらに差が付くのが映り込み。手前のHUAWEI MediaPad M5 Proは、画面のぎらつきが激しいことが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら