Question

 南西方向に複雑に延びる尾根先端部の道路を拡幅していた。斜面を切り土して3段の法面にする計画だ。斜面上方から切り土し始め、3段目の途中まで掘削した。降雨はなく、法面からの湧水も全くなかったので、健全な切り土法面に見えた。

切り土法面の平面図
[画像のクリックで拡大表示]
切り土法面の断面図
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、1日の作業が終了する間際に突然、西側の斜面に表層崩壊が発生した。警戒しながら斜面を確認すると、頭部に連続した引っ張り亀裂が生じ、末端の切り土法面が一部押し出されたように膨らんでいた。硬質で巨大な岩塊が重なり合うように露出して、その隙間は粘土分を含んだ土砂で満たされていた。

 なぜ、このような崩壊が発生したのだろうか。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら