Question

 ある道路改良工事の現場で、完成すれば高さが22mとなる盛り土のうち、17mの高さまで施工した時点で雨が降り、盛り土法面に沈下と亀裂が生じた。

施工中の道路盛り土の断面図
[画像のクリックで拡大表示]

 この現場では、次のような雨水の排水処理を施していた。まず、盛り土法面の表面を流れ落ちる雨水は、法面の小段ごとに設けた幅30cm、深さ30cmの小段排水溝から縦排水溝に導かれていた。縦排水溝の断面は幅55cm、深さ50cmだ。

 さらに、隣接する道路区間の切り土法面から流れ込む雨水も処理していた。雨水は盛り土法面の法肩に設けた幅1.5m、長さ1.5m、深さ1mの沈砂池に集められた後、縦排水溝によって流末の既設水路へと導かれていた。

 このような雨水の排水処理を施していたのに、盛り土法面に沈下と亀裂が生じたのはなぜだろうか。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら