Question

 ある造成工事に際して、地質調査会社が事前にボーリング調査を実施した。その結果、現地は粘性土が分布していることが分かった。この地質調査結果を基に建設コンサルタント会社が設計を実施。その後、建設会社が工事に着手した。

 ところが、掘削して出現したのは砂質系の地盤だった。粘性土と砂質土では、本質的な土の性質や透水性などが全く異なる。発注者は「ちゃんと調査したのか」と激怒。地質調査会社は信用を失ってしまった。

ボーリング調査の作業風景。掘削作業はオペレーターが実施する。その後、地質の専門家がコアを判読する
[画像のクリックで拡大表示]
ボーリングコアの写真。若手技術者はこれを見て、粘性土だと判断した
[画像のクリックで拡大表示]

 ボーリングコアを判読したのは、入社1年目の技術者だった。大学で地質を学び、入社後は一通りのOJT(職場内訓練)も受けている。地質を見誤ったのはなぜだろうか。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら