Question

 N値0~1の軟弱層が深さ数十メートル分布する軟弱地盤上に、道路の建設が計画された。周辺の構造物の高さとの兼ね合いから、この軟弱地盤の上に高さ5mの盛り土の設置が必要となった。

 盛り土体の沈下や円弧滑りの発生が予測されたので、安定解析を実施。許容応力度法に基づいて抑止矢板による対策工法を採用した。矢板を設置してから、盛り土の施工に取り掛かった。

軟弱地盤上に施工した盛り土の断面図。メッシュ図は円弧滑り面の中心の安全率を表す。赤色は安全率が低く、青色は高い
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、盛り土の施工中に矢板が傾きだして、盛り土から軟弱地盤にかけて円弧滑りが発生した。事前の安定解析では十分に安全であったはずの矢板が、実際の工事で効かなかったのはなぜだろうか。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら