宮崎県の南西部に位置する小林市。新しい市役所は、“地域完結型”の木造・木質庁舎だ。市有林を利用し、地域内で製材・プレカット。施工も市内の建設会社が担当した。一連の生産プロセスを可能にしたのは、シンプルさを追求した構造設計だ。

左が本館(行政棟)、右が東館(議会棟)。本館は、鉄骨鉄筋コンクリート造と鉄骨造の混構造。東館は在来木造。2棟とも組子細工のような木組みでファサードを統一しているが、本館は建具、東館は構造体。デザインや部材寸法が違う(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]

 組子細工のように細かく木材を組んだパターンが、渡り廊下を挟んで長さ60mにわたり建物のファサードを飾っている。8000本を超える地元の木材を使って建てられた宮崎県小林市の新しい市役所だ。2017年夏の完成後、旧庁舎の解体と外構の整備を経て、18年3月にグランドオープンを迎えた。

 建物は、地上4階建ての本館(行政棟)と、地上3階建ての東館(議会棟)から成る。本館は、柱が鉄骨鉄筋コンクリート造、梁が鉄骨造の建物を木質空間に仕上げたもの。東館は、延べ面積2100m2弱の建物を在来工法の木造でつくった。

 2棟の内外には、木を身近に感じられるような空間が広がる。東側の道路に面した2棟の1階部分には、木質のピロティ空間が続く〔写真1、2〕。そのピロティが一部にまわり込む本館南西側の外壁は、採光・通気用のガラス面と、西日よけの木製ルーバーが交互に雁行して並ぶ〔写真3〕。

〔写真1〕カーテンウオールに木製建具
本館の足元まわりは市民が憩える空間。近くで見ると、ガラスのカーテンウオールの内側に並ぶ木製建具が、東館の構造壁と違うことが分かる(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕木質のピロティ空間
東館のピロティ。奥行き3mほどのピロティが、渡り廊下を介して本館まで続く。道路側に並ぶ柱は、150mm角のヒノキの製材。写真右手、ガラスの内側に見えるのが製材の耐力壁(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕雁行する壁で日射制御と採光
本館の南西側の外観。2階と3階の外壁は、日差しを遮る西向きの木製ルーバーと、採光と通風を確保する南向きのガラス面が雁行して並ぶ(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら