日経ホームビルダーが独自に実施した、住宅瑕疵担保責任保険法人に関する調査の回答者である住宅事業者から3人を集めた座談会の内容をお伝えする。保険法人に対する不満や要望などを尋ね、その背景を探った。座談会は2018年9月末に実施した。住宅保証機構と契約する建設会社の代表取締役A氏(50代)、日本住宅保証検査機構(JIO)と契約する工務店の代表取締役B氏(40代)、ハウスプラス住宅保証と契約する住宅会社の建築推進部長C氏(40代)の3人が参加した。

 まずは、現在契約中の保険法人のサービスについて、満足されているか否かをお聞きします。満足している方は「YES」の札を、不満の方は「NO」の札を上げてください。……全員が「YES」の札ですね〔写真1〕。理由を教えてもらえますか。

〔写真1〕満足度は全員YES
Q. 保険法人に満足?
住宅瑕疵担保責任保険を扱う保険法人に対して、3人の住宅事業者は満足していると回答した。左から、建設会社の代表取締役のA氏。年間供給戸数は約50戸で、「住宅保証機構」と瑕疵保険の契約を結んでいる。B氏は工務店の代表取締役。年間供給戸数は約50戸。「日本住宅保証検査機構(JIO)」と契約中だ。C氏は住宅会社の建築推進部長。年間供給戸数は約500戸で、契約先は「ハウスプラス住宅保証」だ(写真:澤田 聖司)
[画像のクリックで拡大表示]

A氏 保険請求の経験もなく、特にトラブルが発生したこともないので、「こんなものかな」と思っています。他の保険法人のサービスを知らないので、比較することもありませんし、満足しているというよりは、不満を感じたことがないです。

B氏 私も同じですね。やや消極的ながらも、現状に満足しているという意味合いで「YES」です。

C氏 私も皆さんと同じです。経験上、どこの保険法人と契約しても、大して違いはありません。契約中の保険法人を積極的に支持する理由もありませんが、不満を感じるような問題も生じていません。

 Cさんは、他の保険法人から乗り換えた経験をお持ちですね。どの保険法人もサービスに大きな違いはないとお考えなのに、なぜ乗り換えたのですか。

C氏 当社の場合は、住宅瑕疵担保責任保険(以下、瑕疵保険)の検査以外にも、自社基準による第三者検査を行っています。この検査を委託している民間検査会社が、自社基準の検査とハウスプラス住宅保証の瑕疵保険の検査をまとめて請け負うことを提案し、その内容に魅力があったため、乗り換えました〔写真2〕。

〔写真2〕魅力はコスト以外に
C氏が勤める住宅会社では、瑕疵保険の検査を連係させた民間検査会社の提案が魅力となり、保険法人を乗り換えた(写真:澤田 聖司)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら