新築住宅を手掛ける多くの住宅事業者が利用する、住宅瑕疵担保責任保険。国土交通大臣が指定した5つの住宅瑕疵担保責任保険法人が保険業務を担っている。各社への満足度や期待度、改善要望といった評価を探った。

 新築の戸建て住宅を手掛ける住宅事業者を対象に、日経ホームビルダーはインターネットでアンケートを実施した。国土交通大臣が指定した住宅瑕疵担保責任保険法人(以下、保険法人)について、新築向け住宅瑕疵担保責任保険(以下、瑕疵保険)の契約経験や満足度、サービスに対する評価などを尋ねた。

 まずは保険法人全体に対する平均的な意識から見ていこう。「住宅あんしん保証」「住宅保証機構」「日本住宅保証検査機構(JIO)」「ハウスジーメン」「ハウスプラス住宅保証」の5社のうち、2009年以降に契約した経験がある保険法人に対する満足度を聞いた。各社の満足度を単純平均して全体の平均満足度を算出したところ、「とても満足」(12.8%)と「まあ満足」(48.7%)を合わせた「満足」の割合は61.5%に上った〔図1〕。

〔図1〕5人中3人は満足
Q. 保険法人に対する満足度は?
2009年以降に瑕疵保険の契約を結んだ各保険法人について、住宅事業者に、その満足度を聞いた。5社別を単純平均して、保険法人全体に対する満足度を算出した。「とても満足」(12.8%)と「まあ満足」(48.7%)を足した「満足」の比率は、61.5%に上った(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 契約していた保険法人をやめて、別の保険法人を利用する事業者が一定数いる状況も分かった。12年以前に契約していたものの、13年以降に契約をしなかった回答者の割合は各社とも2割程度となった〔図2〕。

〔図2〕約2割は契約を中止
Q. 過去5年の利用状況は?
保険法人ごとに、13年以降の契約状況を尋ねた。各社とも2割程度の人は13年以降に契約を続けなかったと分かった(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら