9月25日に改正建築基準法の一部が施行された。老人ホームの共用廊下や宅配ボックスの設置部分などを容積率不算入にするといった規制緩和項目が並ぶ。設計実務の自由度が増す内容だ。主なポイントを解説する。

[画像のクリックで拡大表示]

[掲載予定記事(掲載予定日)]

9月施行の改正建築基準法、容積率規制の緩和で何ができる?(11月5日公開)
脱「施設」のきっかけに、高齢者住宅の専門家に聞く容積率緩和(11月7日公開)
防火、日影、接道のルールが変わる(11月12日公開)

※掲載予定記事のタイトル、内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。