Q Windows 10へのアップグレード中にトラブルが起こったらどうする?

A バックアップがあれば、最悪でも元に戻せる

 アップグレード中に動作が止まるといったトラブルが発生すると、Windows 10に進むことも7に戻ることもできなくなってしまう。

 USBメモリーやDVDなどのインストールメディアがあるなら、そのメディアを使ってパソコンを起動し、クリーンインストールでWindows 10への移行に再挑戦しよう。ただ、この方法だとWindows 7の環境は引き継げないので、バックアップからデータなどを戻す。

 クリーンインストールでも失敗するのであれば、パソコンが対応していない可能性がある。「システムイメージ」を使ってWindows 7の環境に戻すのがよいだろう。

Windows 10にアップグレードしようとして途中でトラブルが起こった場合、インストールメディアから起動できれば、クリーンインストールが試せる。それでも途中で止まってしまう場合は、バックアップしておいたシステムイメージを使って元のWindows 7に戻そう
[画像のクリックで拡大表示]

Q アップグレードしたけれど、いったんWindows 7に戻したい

A アップグレード直後であれば、元のWindows 7に戻せる

 Windows 10にアップグレードして10日以内(Windows 10バージョン1511では1カ月以内)であれば、Windows 7に戻すことができる。設定画面の「更新とセキュリティ」に「Windows 7に戻す」というメニューが表示されれば期間内だ。

 7に戻すためには、旧Windowsを保存した「Windows.old」フォルダーなどを削除していないこと、アップグレードに使用したUSBメモリーなどがあること、旧Windowsのサインインパスワードを覚えていることが条件になる。また、アップグレード後にユーザーアカウントを追加した場合は、削除してから始めよう。

「設定」を起動し、「更新とセキュリティ」を選択。「回復」を選択して「Windows 7に戻す」の「開始する」を選択
[画像のクリックで拡大表示]

Q Windows 10にすると使えなくなる機能ってあるの?

A ガジェットなど、削除された機能がいくつかある

 Windows 7の機能や付属ツールで削除されるものとしては、ガジェット機能、「Windows Live Mail」「Windows Media Center」「フォトビューアー」などがある。

 Windows Live Mailは新しいメールアプリに、フォトビューアーはフォトアプリに変わっているので、移行することになる。

 デスクトップに時計やカレンダーなどのミニツールを置けるガジェット機能がなくなるのは寂しいが、ガジェットにはセキュリティ面の問題があり、我慢するしかない。Windows Media PlayerでDVDの再生ができなくなるため、DVDを見るには、フリーソフトを探してみよう。

Windows 7の機能の中で、デスクトップガジェット、Windows Media Center、フォトギャラリーなどがアップグレードで使えなくなる
[画像のクリックで拡大表示]

Q アップグレード後、すぐやっておいた方がよいことはある?

A まずは動作確認から始めよう

 Windows 10へのアップグレードが完了したら、まずやるべきは周辺機器の動作チェックだ。動作しない機器がある場合、デバイスマネージャーを使ってドライバーの更新を行う。機器メーカーでWindows 10対応のドライバーを配布してくれるのが一番だが、一般的な機器なら汎用ドライバーでも動く可能性はある。

 機器の動作確認が済んだら、バックアップしておいたデータなどを戻す。引っ越しソフトを使ってバックアップした場合は、同じソフトをWindows 10にインストールしてデータを戻そう。

スタートボタンを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択。「?」や黄色の三角マークが付いているデバイスは正常 に動かない可能性がある
[画像のクリックで拡大表示]
確認したいデバイスを右クリックし、「ドライバーの更新」を選択。ドライバーソフトを更新する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら