働き方改革の成果が出ない。何か間違っているのだろうか――。こんな悩みを聞くことが増えた。そこで日経 xTECHは2018年9月28日、日本を代表するCIO(最高情報責任者)やCDO(最高デジタル責任者)など40人を集め、「ココがヘンだよ働き方改革」と題して議論。その中身を紹介する。

 働き方改革の一環として、会議を減らしたり時間を短くしたりする会社が増えている。その代わり、ビジネスチャットのようなコミュニケーションツールを積極的に活用して会議の変革を進める動きが活発化している。

 「ココがヘンだよ働き方改革」と題して開催したイベントでは、会議の変革に取り組む会社ならではの意見がキーパーソンから飛び出した。まずは花王。

会議をチャットに変えて部下の意外な一面に気づけた。これは大きな収穫

――花王 マーケティング開発部門デジタルビジネスマネジメント室長 永良 裕 氏

 花王の永良裕マーケティング開発部門デジタルビジネスマネジメント室長は、情報システム部門も兼務。そのため必然的に会議の回数が多くなるため、その効率化が必要となり、結果として会議の頻度を大幅に減らしたという。

 対面による会議の回数を減らした代わりに、チャットツールを使って部下とコミュニケーションする頻度を増やした。例えば、新しいデータ分析のアイデアを思いついたら、忘れないうちに電車の中だろうがチャットにサッと書き込む。すると部下からは「それはいいですね!」とすぐに返事が来て、アイデアを素早く実行に移せるようになったという。

 「チャットは思いついたら書き込める。会議と違って、事前の資料を用意しないで済むのがいい。時間に縛られず、いつでも発言できるのもいい。しかも会議で物事を決めるより、実行スピードは確実に上がった」。花王の永良氏はこう語る。

花王の永良裕マーケティング開発部門デジタルビジネスマネジメント室長
(撮影:井上 裕康、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 想定外の効果もあった。対面での会議よりチャットのほうが、部下からの発言が増えたという。「対面の会議ではどうしても、(上司である)私が意見を言うのを部下が待つ姿勢になりがち。チャットではそうした気遣いが少なくて済むようだ」(永良氏)。

 チャットデビュー――。複数人が集まる会議の場で発言の少なかった部下が、チャットだと鋭い意見を書き込むというケースもあるという。「チャットによって、部下の意外な一面に気付けた。これは大きな収穫」(永良氏)。チャットには会話やメールとは異なる気軽さがあるようだ。発言のハードルを下げてくれる。花王のデジタルビジネスマネジメント室では、チャットが重要なコミュニケーション手段の1つに定着しつつある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら