ソニーが宇宙事業への参入を表明したのは2018年2月。同社が見据えるのは、現行の光ファイバー網よりリアルタイム性の高い次世代インターネットインフラである。データの価値がますます高まるデータエコノミー(経済)の時代に、既存の光ファイバー通信システムを陳腐化させるポテンシャルを秘める。

 同社は「Blu-ray」などの光ディスク技術を足掛かりに、競合企業がまねできない衛星通信システムの中核技術を押さえる狙いだ(図1)。長期的には、こうした独自技術に基づく光通信システムや、AI(人工知能)による衛星データ解析サービスの提供を検討している。

図1 光ディスクのピックアップ技術を衛星間通信に展開へ
宇宙分野の開発を手掛けるソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の岩本匡平氏らは、衛星間の無線通信に光通信技術を適用する研究をJAXAと共同で進めている。衛星間のレーザー光の位置合わせに、光ディスクの読み取り部のピックアップ技術を応用する。(写真と図:衛星と光通信システムはJAXA、ディスク用部品はソニー)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら