森林資源に恵まれた日本。だが、その利用は進んでいない。森の手入れにコストをかけるだけの価値が、現在の一般的な国産材には伴っていないからだ。森林資源をうまく活用し、木の流通を循環可能なビジネスに転嫁するカギは、テクノロジーにある。木材に新しい価値を吹き込む技術を追った。