前回まではビジネスシーンにおけるスーツやビジネスアイテムの選び方について解説してきました。スーツスタイルであれば、周囲からできるSEとして一目置かれる存在になっていると思います。

 最終回の今回はスーツスタイルを離れ、「ビジネスカジュアル」スタイルについて解説します。IT業界ではある程度、ビジネスカジュアルの概念は浸透してきると思います。顧客先に出向くとき以外は、ビジネスカジュアルで過ごしているといった方も多いのではないでしょうか。

 ところでビジネスカジュアルとは、どのようなスタイルを指すと思いますか。実はビジネスカジュアルスタイルは非常に厄介です。「ビジネス」なのに「カジュアル」と、相反する言葉の組み合わせです。何を着ればいいのか迷った経験はありませんか。

 正直、ビジネスカジュアルはとても難しく、定義があいまいです。あなたが働く職場の環境や、どのような顧客を接するかなどで、求められるスタイルがかなり変わります。ジャケットは必須で無地でなければという職場もあれば、ジャケットはなしで色や柄もオシャレ感があればOKなど様々です。特にIT業界はビジネスカジュアルの振り幅が大きいようです。

 手持ちの服装で出社してみたものの職場にイマイチ馴染んでいなかった、といった経験はありませんか。特にビジネスカジュアルは子供っぽかたったり、野暮ったくなったり、といったことが起こりがちです。

 スーツスタイルと同様にビジネスカジュアルであっても、ある程度経験を積んできたSEであれば、相応の印象を相手に与える服装を選びたいところです。

 以下では、イマイチあか抜けないビジネスカジュアルを脱却する「ハズさない大人のビジネスカジュアル」を実践するポイントをお伝えします。

Yシャツスタイルがベース

 職場でなぜか浮いてしまう。こういった経験を避けるためのビジネスカジュアルのポイントは、Yシャツを着用することです。どのような職場であっても、Yシャツを身に着けていて、文句を言われることはありません。Yシャツを基礎に考えながら、職場の服装規定を加味して服装を考えていくことをお薦めします。

Yシャツを着たビジネスカジュアルスタイル
(撮影:小野さやか、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 SEの方々の服装をコンサルティングしている経験では、企業向けシステムの構築を主とするITベンダーの場合はビジネスカジュアルといっても服装の規定が存在し、ジャケットの着用が求められるようです。一方でWeb業界や所属する、従業員の年齢が若い企業ではジャケットを不要としているケースが多いようです。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら