金融系SEからカジュアルな私服での出社が当たり前のWeb系スタートアップに転職して数カ月。モノトーンや紺色を中心にした服装でまとめるようになり、以前より野暮ったい服装ではなくなった気がする。

 とはいえ、同じような色の組み合わせでそろえているおしゃれな後輩はバシッとしているのに、自分は何となくまだ野暮ったい気もする。どこに違いがあるのか。気になるようになってきた――。

 ファッションに興味がなかったり、苦手意識があったりするITエンジニアにとって、カジュアルな私服スタイルが中心の職場に「何を着ていくか」は大きな課題です。開発現場に勤務していてもプロジェクトメンバーや顧客とのコミュニケーションは不可欠です。スーツよりも選択の幅が広いカジュアルファッションの場合、職場で浮かないようにしたり、相手に良い印象を与えるようにしたりする洋服を選ぶのは簡単ではありません。

 前回は選びやすい「色」の観点から、カジュアルスタイルで出社する際の服装の選び方を解説しました。今回は色に加えて、デザインとサイズの観点からカジュアルスタイルを選ぶポイントを解説します。色に加えて、この2つのポイントを押さえておけば、洋服屋さんの店頭で「職場で浮かずに、一緒に働く人に好印象を与えられる服装は何だろう」と悩まずに済むようになるはずです。

襟付きの服でお腹周りを目立ちにくく

 まず上着の選び方から解説しましょう。カジュアルファッションの上着に迷った場合は、Yシャツやテーラードジャケット(スーツの上着のようなデザインをしたもの)のような、ビジネスシーンでよく使われるデザインのものを選びましょう。

悩んだら購入しておきたいYシャツの例
(写真:小野さやか、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビジネスシーンで使われるデザインの服はメリハリがつけやすく、年相応の印象を相手に与えやすくなります。襟がある服を選ぶことで、胸部にボリュームが出て相手の視線を上に持ち上げる効果があり、気になるお腹周りも目立ちにくくなるメリットがあります。

 カジュアルだからといってパーカーやTシャツといったビジネスシーン向けではない服を選ぶと、子どもっぽい雰囲気になりがちです。年相応に見られるのは難しいため、顧客に与える印象も良いものにはなりません。

 特にTシャツ単品のスタイルは体形が強く現れやすいので、注意が必要です。お腹回りのふくらみが表れやすく、痩せている場合はサイズが合っていないと腕まわりの細さが強調されて頼りなく見えてしまいます。

サイズが合わないTシャツの例
袖回りに余裕があり、痩せ型の場合はより頼りなく見えてしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 Yシャツ着用時はVネックのTシャツをインナーとして着るといいでしょう。Vネックを選ぶのは、ボタンを締めたときにインナーが見えづらく、首回りがすっきり見えるからです。

YシャツからTシャツが見えているのはNG
[画像のクリックで拡大表示]
インナーにお薦めなVネックのTシャツの例
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら