傷が付いても材料が勝手に治癒する――。そんな夢のような材料の研究・開発が、着実に進んでいる。既に実用化を実現した材料も存在する。自己修復材料には長寿命化やメンテナンスの劇的な効率化などを実現できる可能性があるだけでなく、材料を巡るビジネス自体を大きく変革する可能性も秘めている。自己治癒材料とも呼ばれる自己修復材料について、近年の開発動向や材料ごとの展望などをまとめた。