Windows 10の大型アップデートである「October 2018 Update(Windows 10 1809)」の配布が、2018年11月13日(米国時間)に再開された。本特集では、October 2018 Updateの変更点について5回に分けて見ていく。ここからは、過去のバージョンと比較しながら解説するため、開発コード名「Redstone 5(RS5)」の呼称で紹介していく。

年2回の機能アップデート

 今回のRS5は、2018年10月2日に配布が始まった後、アップデートを適用したPCからファイルが消える問題が発生した。米マイクロソフト(Microsoft)はその週のうちに配布を停止。同社が不具合を修正し、配布を再開したのが2018年11月13日(米国時間)となる。

 今回の問題で、機能アップデートをいつ適用したらよいか不安になった読者も多いことだろう。ここで機能アップデートの配布タイミングについておさらいしておこう。

 Windowsの機能アップデートは年2回、4月と10月に行われる。機能アップデートの配布には、主に以下の2つのタイミング(フェーズ)がある。

  • 「Semi Annual Channel(Targeted)」または「半期チャンネル(対象指定)」(以下SAC-Tと表記)
  • 「Semi Annual Channel」または「半期チャンネル」(以下SACと表記)

 このほか、LTSC(Long Term Servicing Channel、長期サービスチャンネル)と呼ぶものもあるが、この場合は機能アップデートが適用されない。

 SAC-Tは、機能アップデートの完成直後から配布が始まる。一方のSACは、SAC-Tを配布した後、何回かの品質アップデートを経て、マイクロソフトが十分に安定したと判断した品質アップデートのタイミングで配布が開始される。今回問題が発覚したのはSAC-Tだった。

 HomeエディションではSAC-Tしか選べず、いや応なしに新バージョンがインストールされるのに対して、Pro、Enterprise、Educationエディションでは、SAC-TかSACのどちらかを選択できる。

 2つの配布タイミングがあるのは、より安定した機能アップデートを導入したい企業などのユーザーを想定して、SACを設けたからだ。

 これまでもSAC-Tで大規模な配布が始まってから、致命的な障害が見つかったことがある。

 実際、こうした問題が起こったとき、同時期にインストールするように設定した企業内のPCでは、大規模な障害が発生することが想定される。企業ユーザーとしては、SAC-Tの後に何回かの品質アップデートを経て、大きな問題がないことを確認できたタイミングで組織内のPCの更新を始めることが望ましい。そのタイミングがSACというわけだ。SAC-TからSACまでの期間は、企業内の独自アプリケーションなどを検証するための期間でもある。

 ただしマイクロソフトは今後、SACの配布タイミングを変更する予定だ。現状では、SACのリリース開始以前に、その配布開始日を正確に知ることはできない。SAC-Tリリース後の4カ月以内に実施される品質アップデートをSACとして指定していたからだ。

 これに対して将来的には、機能アップデートのリリース日から起算して特定の日数後にSACの配布を開始するように変更する予定だ。ユーザーはSACの配布開始日が事前にわかるようになる。ちなみに、この変更に伴ってマイクロソフトはSAC-Tを廃止する意向である。

 とはいえ、「変更の方向性」が公表されただけで、具体的にいつからどうするのかは明らかとなっていない。マイクロソフトの公式ページなどでも、変更について明確に記載しておらず、今のところ機能アップデートの配布タイミングは従来のままのようだ。

 こうした背景があるからか、マイクロソフトはRS4以降、新バージョンの配布開始日時を事前に公表していない。今回は、2018年10月2日(米国時間)にマイクロソフトがSurfaceシリーズの新製品を発表したのと同時に、RS5の配布開始がアナウンスされた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら