前回は、1990年代のインターネットが抱える課題をひも解き、現在のブロックチェーンの課題を考えた。具体的な課題には「スケーラビリティ」「プライバシー」「セキュリティー」「ガバナンス」「標準化」の5つがある。今回は、このうちスケーラビリティの課題解決に向けた対策のポイントを解説しよう。

 スケーラビリティの課題とは、ブロックチェーン上のトランザクション処理に関する性能問題だ。この課題は、現在最も取り組みが盛んな分野と言える。

 そもそもブロックチェーンは、ネットワークを流れてきたトランザクションを、あたかも「バケツ」に入れて処理するようなものだ。このときトランザクションをまとめる単位が「ブロック」である。ブロックの大きさはいわばバケツの大きさ。一度に大量のトランザクションが届くと、小さなバケツでは入りきれない問題が出る。

ブロックチェーンはスケーラビリティが不十分
[画像のクリックで拡大表示]

 この問題を解決する上では、大きく2つのジレンマに直面する。

 まず、ブロックチェーンはトランザクションを検証する際に、特定のプレーヤーだけを信頼して一任することはない。ネットワークに参加する全員が台帳(取引履歴)の複製を持ち検証する仕組みを取っている。みんなでトランザクションを検証して不正を抑止するわけだが、これが逆にジレンマとなる。

 というのも、みんなが同じ台帳の複製を持って検証するので、参加者が増えれば増えるほど単純に台帳の複製も増える。そのためトランザクションの検証に負荷がかかり、処理速度が一向に上がらない問題が生じてしまう。これが1つ目のジレンマである。

 一方、大量のトランザクションをさばくには「バケツ」を大きくすればよいと考えるかもしれない。だが、その場合は大きなバケツを使える特定プレーヤーだけに権力が集中してしまうジレンマに直面する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら