マツダは2018年10月11日、中型SUV(多目的スポーツ車)「CX-5」を部分改良して11月22日に発売すると発表した。2018年になって2回目の部分改良となる(図1)。

図1 部分改良した「CX-5」
[画像のクリックで拡大表示]

 操縦安定性を高めるため、「G-ベクタリングコントロール プラス(GVCプラス)」という新システムを、マツダ車として初めて標準搭載した。

 従来のGVCは、ステアリング操作に応じてエンジンのトルクを変化させ、横方向と前後方向の加速度(G)を統合的に制御して操縦を安定させていた。新システムではGVCの機能に加えて、ステアリングを元に戻す操作に応じて外側の前輪にわずかにブレーキをかけ、操縦安定性をGVCよりも高めた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら